株式会社日本デイリー通信社
  • 従業員数:120人
  • 設立  :1960年4月1日
2017年10月12日
株式会社日本デイリー通信社へ「話を聞きたい」をします
残り0文字
キャンセル
株式会社日本デイリー通信社に対して「話を聞きたい」をします。
残り0文字
キャンセル
株式会社日本デイリー通信社
  • データサイエンティスト
  • 東京都 JR山手線 ...
  • 500万円 〜 万円
気になる

会社について

創業以来約50年 日本デイリー通信社は新聞広告・雑誌広告のデータベース作成、広告統計データ提供を行ってきました。そのデータ分析も統計解析を用いる広告効果の効率計算、さらには最適な広告マーケティング計画の立案へと進化しつつあります。<br><br>現在、私たち日本デイリー通信社はマーケティング・コミュニケーションデザインを支えるデータ収集・集計・分析サービスを提供しています。メディアの発展と時代のニーズに合わせて、このサービス領域で着実に成長を遂げています。<br><br>私たちの仕事の対象は世の中で生み出され、消費されている、「膨大・多様な情報」です。これらは永遠に指数関数的な爆発を続けてゆくでしょう。<br>今後さらなる飛躍を遂げるだろう当社で、今後の成長を担う意義のある仕事にチャレンジする情熱と意欲、責任感と達成指向、柔軟性と協調性、発想力と忍耐力、多様性への尊重と広い視野を備える人を求めます。

サービス紹介

【 広告販促情報サービス 】

広告量、広告表現、PR活動、販促イベント、サイト表現などの実態把握や消費者調査も含めて、必要なデータ収集とまとめを行います。<br><br>》広告出稿統計<br>》広告表現<br>》広告データ統合<br>》広告PRモニタリング
service-image

【 データベース&システムサービス 】

販売量、集客数、問合せ数、WebLog、クチコミデータ、調査結果などをデータベースにします。それらの分析ツール開発も行います。<br><br>》DB構築と運用<br>》データハンドリング<br>》ツール開発
service-image

【 分析・解析・レポーティングサービス 】

課題に応じた各種分析を実施し、レポートします。高度な統計解析やネット上の情報の解析など、専門技術を活用しています。<br><br>》マーケティング情報収集分析・調査<br>》ソーシャルリスニング<br>》企業Webサイト分析<br>》広告効果分析
service-image

会社概要

従業員数 120人 設立 1960年4月1日
代表者名 齋田 陽一 資本金 30,000,000円
平均年齢 売上高
男女比 株式公開 未上場
本社所在地 〒 170-0004
東京都豊島区
北大塚3-2-9
最寄駅:JR山手線 大塚駅北口より 徒歩8分
大きなマップで見る
待遇・福利厚生 【 各種福利厚生制度 】<br>・休暇休業制度<br>・定期健康診断<br>・産業医カウンセリング など<br>・専門セミナー<br>・外部スキル研修等への参加支援制度<br><br>【 福利厚生 】<br>・住宅施設 :独身寮(豊島区南大塚)<br>・保養施設 :厚生寮(伊東、越後湯沢)<br>・各種保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険<br><br>【 人材開発制度 】<br>・階層別研修 : 新入社員、主任、マネージャー、ビジネスリーダーなど<br>・職種別研修 : 主に社内研修が主体。今後は社外研修を活用予定。<br><br>【 社内活動 】<br>・社員親睦活動<br> 近年での実施例<br> - グルメレストラン会食<br> - 野球観戦<br> - スカイツリー家族見学<br>・スポーツ活動<br> - フットサルサークル<br> - ランニングサークル
icon_character_event
会社沿革 昭和35年4月<br>日本デイリー通信社発足 新聞・雑誌の記事クリッピングサービスを開始<br><br>昭和37年 <br>広告出稿調査サービスの提供を開始<br><br>昭和41年12月<br>現社名にて法人改組(資本金100万円)<br><br>昭和47年 <br>時系列集計・分析作業開始<br>広告出稿調査結果をデータ化、広告展開をレポートで提供<br><br>昭和50年4月<br>広告基本統計データを作成開始<br>広告統計データベースの作成・運用業務開始<br><br>昭和52年12月<br>資本金400万円に増資<br><br>昭和55年 <br>広告統計・広告作品のシステム開発<br>広告情報統合データベース作成開始<br><br>昭和60年<br>3月:本社所在地を現在地に移転<br>8月:資本金1,000万円に増資<br><br>平成9年12月<br>広告表現素材別広告統計を開始<br>広告表現別のデータ化によりキャンペーンの把握が可能なDB提供<br><br>平成11年 <br>日本広告統計サービス開始<br><br>平成14年5月<br>資本金3,000万円に増資<br><br>平成16年 <br>広告効果の統計解析手法による分析研究を開始<br><br>平成21年 <br>ダッシュボードDB、ソーシャルリスニングのデータ作成などを開始<br>ビッグデータ関連のデータセンター運用を開始<br><br>平成28年12月<br>創業50周年
会社HP http://ndt.co.jp/