面談対策

面接前にやっておくこと

      1. 面接場所と開始時間を確認
      2. 会社の基本情報、業務理解を深める
      3. アピール内容を端的にまとめる
      4. 想定される質問への受け答えを準備

当日意識すること

      1. 面接官の話を落ち着いてしっかり聞く
      2. 自信を持って、過剰にならないように簡潔にアピールするように心がける

覚えておきたい心得

<話す内容>

話に一貫性を持たせる

転職理由や志願理由、将来のビジョンに一貫性がありますか。
もう1度見つめ直してみましょう。
転職理由と退職理由は違う

転職理由と退職理由は違う

退職理由は、「会社を辞める(辞めようと決意した)理由」です。
転職理由は、「なぜ(前向きに)次に進むことにしたのか」です。
端的に言えば、ネガティブな要素ではなくポジティブな要素が孕む「転職理由」を上手に用いて話しましょう。

面接は何をする場?

面接は求められていることを伝える場であり、決して言いたいことを伝える場ではありません。
ここを履き違えてしまう人は結構多く、長すぎる志望動機や自己PRは面接官に嫌われる傾向にあります。
長所や短所については、面接であることを意識したうえ、自身のアピールになるような回答を準備しておくのが良いでしょう。

何をやったかではなく、これから何ができるのか

ここで大事なのは「業務理解」です。そしてさらに自分自身の解釈や考えを持つこと。
「もしも御社に入社したら」というキーワードをもとに、会社に貢献できる事柄を述べられると良いでしょう。

<マナー>

基本的な面接のマナーこそ何よりも大切

会釈をするタイミングや椅子にかけるタイミングは適切でしょうか。
着ているスーツは手入れがされているでしょうか。
靴は汚れていないでしょうか。服はほつれていませんか。
過去の会社への不満をそのまま口にしていないでしょうか。

<質問関連>

気になったことをなんでも聞いていいのは面接の場ではない

「事前に調べればわかる内容」や、「すでに人事が話している内容」を質問することは、面接の2大NGと言われています。
準備や集中でNG行為は防ぎたい所です。
その質問によって相手がどう思うかまでを考えられると良いでしょう。